四川豆花飯荘とは

伝統を守り、進化を遂げたシンガポール四川

四川料理の特長は、中国各地の香辛料を使用した麻辣(マーラー)味。一般的には辛いイメージですが、四川産の黒酢や豆豉(トウチ)、芝麻醤(チーマージャン)や甜麺醤(テンメンジャン)など辛くない調味料も併用することで、多種多様の味付けが生み出され、独特の味と香りを持つ料理となっています。

バラエティに富んだ味付けがあることから「一菜一格、百菜百味(一つの料理には一つの品格が、百の料理には百通りの味がある)、「味在四川(味は四川にあり)と称賛される味わいは、海を渡り洗練された料理へと進化しました。その「シンガポール四川」こそが、私たちが誇る四川料理なのです。

伝統の味と技法を守りつつ、化学調味料を一切使用しない調理を確立した『四川豆花飯荘シセントウホァ』。
私たちは新たな可能性に挑戦し、常に進化した四川料理の創造を目指しています。

茶藝で楽しむ本場の中国茶

『四川豆花飯荘』では、中国で愛飲されている八宝茶をティーマスターと呼ばれる茶藝職人の芸術的パフォーマンスでお楽しみいただきます。
次の料理に備え後味を整えるため、茶藝師が何杯でもお注ぎします。飲むごとに変化する味わいをご体感ください。

八宝茶 ジャスミン・紅なつめ・百合根・龍眼・菊花・クコ
クルミ・氷砂糖

ワインと四川料理の粋な関係

『四川豆花飯荘』では、香りを重んじる四川料理と相性のよいワインを自慢のセラーに各種取り揃えております。
お好みのワイン選びは専属のソムリエがお手伝いいたしますので、お気軽にお尋ねください。

成熟した新しい四川料理に挑戦

本場四川省の「正宗料理」と洗練された「シンガポール四川」を知るシェフたちにより育まれた『四川豆花飯荘』の味わいは、ここ日本でも確実に浸透しつつあると手応えを感じています。今後も四川の伝統を守りつつ、日本の旬を取り入れた料理や様々なジャンルとのコラボレート企画など、より進化した料理をここ東京店から発信したいと考えております。

ページの先頭へ